koewokiku(HPへ)

« 南北朝期の出雲大社三月会関係文書 | トップページ | 高橋氏について(2) »

2011年12月25日 (日)

PCの近況2011年末

 PCの近況について触れる。もう十分すぎるほどPCはあるが、TV機能が必要であるとして、デスクパワーの一体型を3万円弱で入手した。地デジカードが附属しないのが難であったが、丁度現在使用していないカードがあり、それを刺せば使用できた。ネットで調べると案外分解が容易ということなので、CPU交換を行った。実際に裏のねじ6本を外せば、内部に簡単にアクセスできた。こうしないとメモリーもHDDも交換できない。
 一体型本来のCPUはP8700で、25Wでキャッシュ3Mのタイプ。T9900(3.06、35Wでキャッシュ6M、DELLのE5500、WXGA+で使用)への交換も考えたが、発熱によりファンが回り続けるという状態も予想されるため、省電力のタイプとした。P9700は省電力タイプでは最高性能(2.8)だが、28Wであり、一体型のモニターがWXGA+なので、25WのP9600に交換した。P9700はLIFEBOOKのE8270(WSXGA+)で使用している。P9600のクロックは2.66でP8700(2.53)の一つ上でしかないが、キャッシュが倍の6Mである。とりあえずはこれで使ってみる。P8700はP9600で使っていたLIFEBOOKのE8280に入れた。確か入手した段階ではP8700であったはずで、何の問題もなく起動した。P9600はES版であるが、これも何の問題もなく起動した。分解した際に、FANを掃除し、CPUの温度上昇防止のクリーム?も再塗布した。
  これとは別に、LIFEBOOK・S8360のモニター13.3インチ、セレロンタイプを8千円で入手し、超省電力タイプ(10W)のSU9600も手に入れた。SU9600は、S8360のT8100と交換し、T8100をセレロンタイプに入れた.14.1インチタイプはLED液晶で省電力ということだが、13.3インチは普通のタイプである。附属していたバッテリーはそこそこ使えて、元は十分とれた気がするが、あとは使うこと。

« 南北朝期の出雲大社三月会関係文書 | トップページ | 高橋氏について(2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCの近況2011年末:

« 南北朝期の出雲大社三月会関係文書 | トップページ | 高橋氏について(2) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ