koewokiku(HPへ)

« 神西庄と守護(1) | トップページ | 岸本左一郎の対局記録(2) »

2010年10月16日 (土)

岸本左一郎の対局記録(1)

 岸本左一郎の初見史料である「日新坐隠録」(早稲田大学蔵山本家文書)の内容を紹介する。天保6年2月4日からの対局の記録(囲碁勝負付)である。最初に源右衛門と嘉太郎の勝負を記す。両者とも山本家の関係者である。手合いは「相先」で一勝一敗であった。次いで新次郎(後に秀策と対局する山本佐六)と義教を記し、義教の二目で対局したが新次郎が連勝したので、手直りして三目となり、最終的には4局打って新次郎の3勝1敗であった。その後も新次郎は9局打っており、早碁であった。以上のような形で日ごとに対局結果を記している。
 その後2月8日と9日の記録があり、9日には石州の僧念が登場する。僧念は新次郎と相先で10日から3月2日まで20番対局し打分となっている。ゲストである僧念は3月4日まで様々な人物と対局している。次いで3月20日まで断続的に対局が行われ、21日には石見国大田天満宮に参詣し、近隣の大田と河合で対局が行われた。その25日の記録に左一郎の父美濃屋丈助が5目のハンデで今岡小一郎と対局し2敗している。小一郎は新次郎に対して2目で打ち分ける実力であった。美濃屋丈助はいわゆる「下手の横好き」であったろう。そして、丈助の子左一郎は、新次郎に対して6目、5目、4目置いて計4局打って2勝2敗であった。ちなみに新次郎は石見国一宮物部神社の関係者とも対局しているが、そのうち亀千代とは13目の手合いで3勝5敗であり、囲碁が勝負であるだけでなく、学問修行の一環として打たれていたことがわかる。そうでなければ棋力の違い過ぎる両者の対局はありえないであろう。
 次いで記録は5月23日~25日の出雲での対局となり、左一郎は、東林木(出雲市)の圓光寺(19才)と相先で対局し9勝4敗、古志の弘法寺とは相手2目で8勝6敗の成績をおさめている。この時点では山本閑休のもとに儒学と囲碁を学ぶため入門していたのであろう。

« 神西庄と守護(1) | トップページ | 岸本左一郎の対局記録(2) »

囲碁史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岸本左一郎の対局記録(1):

« 神西庄と守護(1) | トップページ | 岸本左一郎の対局記録(2) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ