koewokiku(HPへ)

« 石見国諸郡段銭帳(3) | トップページ | 京極氏と国人(1) »

2010年3月10日 (水)

周防大島、人口2万人切る

 3月10日の中国新聞「内政総合」(P3)の記事の一つである。同じ面には、全国紙でも採り上げられた、地方空港の需要予測達成率で明暗が分かれたことも述べられている(中国地方8空港)。島根県の萩・石見空港は全国ワースト2だったようだが、なお、今後岩国空港の民間での活用が始まればさらに状況は悪化するとの記事も、地元新聞にあった。大阪便、東京便とも4往復を想定していたが、実際には1便のみである。
 周防大島は周防国と安芸国の境目に位置し、幕末期には爆発的な人口増加がみられたところであった。流通の拠点として周辺各地から人々が仕事を求めて押し寄せた(社会増)のが主たる原因であろう。石川敦彦「近世長門周防の人口統計」(山口県史研究3号)では、食料の増産による自然増であるとするが、現実的な分析ではない。
 その立地条件もあって、民俗学者として全国を旅した宮本常一氏と、海をテーマとする歌謡詞で知られる星野哲郎氏の出身地として、記念館が整備されている。
 話を人口に戻すと、ピーク時の1950年代には6万3千人であったのが3分の1以下となり、2004年に4町が合併して周防大島町が誕生した時点からみても2400人以上減少したという。立地条件が変わると、人口動態が大きく変わる例である。
 島根県についてみると、西部の石見国は江戸後期に人口の伸びが停滞し、出雲国との差が大きくなった。出雲国にしても、全国の動向と比較すると、19世紀以降は人口の伸びは鈍化し、これが近代以降の状況につながっている。一藩と藩主の努力ではどうにもならない状況が進行していたようである。
(付記)以後、しばらくは、HPの整備に力点を置きたい。ブログの方は、その状況を報告したり、「日記・コラム・つぶやき」が中心となろう。開設1年半で、ようやくアクセスが1万を超えそうであるが、日々の更新にはネタが必要で、そのためにも充電が必要。http://homepage3.nifty.com/koewokiku

« 石見国諸郡段銭帳(3) | トップページ | 京極氏と国人(1) »

人口史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 周防大島、人口2万人切る:

» ヘアーピース リルヴィーナ510ワンランク  [ヘアーピース リルヴィーナ]
ヘアーピースは人毛100パーセントワンランク上のリルビーナトップピース [続きを読む]

« 石見国諸郡段銭帳(3) | トップページ | 京極氏と国人(1) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ