koewokiku(HPへ)

« たぶん‥‥(2) | トップページ | 目に優しい液晶と良いキーボード(2) »

2010年1月 6日 (水)

目に優しい液晶とよいキーボード(1)

 しばらく、WUXGA17インチ液晶のノートPCをメインに使っていた。1年ほど前、目に優しいというシャープのアクオスLC-26P1を導入したが、今ひとつ、目との距離感と文字の大きさがしっくりこず、これで作業をすることは少なかった。そして夏前にPrecision M6300を入手したので、上記のようにこれで作業をするようになったのである。
 M6300はノングレアなのでよいが(これに以前入手した17インチWUXGA液晶モニターを接続して、WUXGA画面を横2枚に並べて作業を行うと快適)、やはり、長時間使用すると目が疲れる。
 それが、今回、三菱のRDT211Hの中古をオークションで入手した(東京の業者にはまだ在庫がある)。インターネットで検索すると昨年中頃からその中古がヤマダ電機やオークションで売られており、使用者の感想は良い。ナナオのL997には及ばないが、これも日本製のIPS液晶を使った目に優しいUXGA(1600×1200)サイズの製品である。回転も可能なので、windows7で縦長画面で入力と閲覧ができる。距離感と大きさもちょうどよく、目も疲れない。ということで、しばらくはこれにつないだコンパクトデスクトップで仕事をしたり、インターネットを閲覧することが増えそうだ。

« たぶん‥‥(2) | トップページ | 目に優しい液晶と良いキーボード(2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目に優しい液晶とよいキーボード(1):

« たぶん‥‥(2) | トップページ | 目に優しい液晶と良いキーボード(2) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ