koewokiku(HPへ)

« 2010年サッカーW杯のデータから(1) | トップページ | 2010年サッカーW杯のデータから(3) »

2009年12月 6日 (日)

2010年サッカーW杯のデータから(2)

 国際Aマッチについては4段階の重要度があり、最大の前回ワールドカップの4.0から、親善試合の1.0まで。日本が順位を下げた理由に、2番目の重要度のコンフェデレーションズカップに出場できなかったことがあげられよう。
 岡田監督のコメントに、「ニュージーランドや北朝鮮とは同じ組になれないので(どの組も予選突破は楽ではない)」というものがあったが、NZが127位、北朝鮮が84位、韓国が52位である。とはいえ、NZはアジア・オセアニアのプレーオフで、61位のバーレーンにホーム&アウェーの2試合を1-0で勝利している。日本は2次予選で対バーレーン1勝1敗、最終予選で2勝であった。この他に1月のアジアカップではアウェイで0-1で敗れているので、5戦3勝2敗である(あくまでもこれは結果のみで、試合の印象などは覚えていない)。来年3月にはホームでのバーレーン戦がある。
 バーレーンもNZに敗れるとは思っていなかったかもしれないが、プレーオフ進出をかけたアウェイのサウジ戦では、1-1からサウジに追加点を許すが、その直後に追いついて、ホームの0-0を含め2-2となった。そしてアウェイの得点で上回り進出を決めたとある。何が言いたいかといえば、今回は中東のチームの出場がなく、それを阻んだのがNZであったということである。

« 2010年サッカーW杯のデータから(1) | トップページ | 2010年サッカーW杯のデータから(3) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年サッカーW杯のデータから(2):

« 2010年サッカーW杯のデータから(1) | トップページ | 2010年サッカーW杯のデータから(3) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ