koewokiku(HPへ)

« 出雲多聞院の棋譜(2) | トップページ | 2010年サッカーW杯のデータから(2) »

2009年12月 6日 (日)

2010年サッカーW杯のデータから(1)

 サッカーについてはほとんどずぶの素人であるが、データから述べてみたい。
 グループ分けが決定し、日本(43)はオランダ(3)、カメルーン(11)、デンマーク(26)と同じグループEに入った。( )内のFIFAランキング(11月)でみても、格上の国ばかりである。岡田監督の「ベスト4を目指す」というコメントはよいが、現時点のランキングとの落差は大きい。掛け率では日本は参加32カ国中、韓国と同じ24位とのこと。
 出場権を逃した国でランキング最上位は10位のクロアチアなので、ヨーロッパでの予選突破の難しさがわかる。次いで、20位セルビア、23位チェコとなる。
 ポイントでみると、1位スペインが1622に対し、オランダ1279、カメルーン1035、デンマーク835、日本709で、日本は1月の34位からじりじりと後退している。逆にカメルーンは1月の14位から8月~9月の29位に後退したが、10・11月とランキングを上げている。ランキングのポイントは過去48ヶ月の国際Aマッチの結果によるもので、2006年7月に過去96ヶ月の国際Aマッチ(ただしそれまでの直前12ヶ月のもっとも高いポイントを得た7試合の数字が重視される)の合計(1999年方式)から変更された。改訂前には日本は17位。さらに以前の1993年方式では、日本は9位(1998年)となったこともあったとのこと。

« 出雲多聞院の棋譜(2) | トップページ | 2010年サッカーW杯のデータから(2) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年サッカーW杯のデータから(1):

« 出雲多聞院の棋譜(2) | トップページ | 2010年サッカーW杯のデータから(2) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ