koewokiku(HPへ)

« 塩冶満通(後塩冶氏) | トップページ | たぶん‥‥(1) »

2009年12月29日 (火)

囲碁の番付

 地元の新聞によると、出雲市の旧家から幕末の各種番付が大量に発見され、その中に出雲国西部の囲碁番付も含まれるとのことである。以前、遊戯史研究家増川宏一氏の著書で、出雲国西部の囲碁番付が紹介されており、当時の出雲国西部の文化のネットワークを知ることのできる資料である(当時は儒学を学ぶと必ず囲碁も学んだ)として、増川氏に手紙を書いたところ、日本棋院でみたと思うとの返事であった。そのため、10年ほど前に岸本左一郎の関係資料とともに、日本棋院の資料室で探したが、囲碁番付は見あたらず、残念であった。囲碁史の資料としても知井宮山本家の資料に登場する人々の居住地や人名の比定が可能となると思われる。
 以前は、島根県域でも東部の出雲国と西部の石見国の交流は乏しいと思っていたが、さにあらず。特に出雲国西部は、江川までの石見国西部とは人的交流が強いことを知り、それが、さらには戦国期の尼子氏の石見国進出を考える手がかりとなった。急ぎはしないが、その資料を見ることができれば、新たな発見があると思われる。
 ながらく耐震工事で利用が限られていた東大史料編纂所も1月から一部の貴重書をのぞけば普段通りの利用が可能となる。また、成田山新勝寺の仏教図書館には、左一郎関係の未見資料もあるようなので、近々調査に行きたいと思う。

« 塩冶満通(後塩冶氏) | トップページ | たぶん‥‥(1) »

囲碁史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 囲碁の番付:

« 塩冶満通(後塩冶氏) | トップページ | たぶん‥‥(1) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ