koewokiku(HPへ)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

出雲多聞院の棋譜(2)

 ⑤17~23の内、17は左一郎が備後国に帰省中の秀策と大田で行った対局の棋譜。その他は同年11月の御城碁の棋譜である。秀策は郷里に自らの棋譜を送っており、この棋譜も左一郎が秀策を通じて入手したものであろう。
 ⑥24は本因坊家の門人伊藤徳兵衛が千家館で山本佐六と行った指導碁の棋譜。手合いからして当時の佐六は初段と考えられるが、佐六は安井家の門人であり、伊藤招聘には同門の左一郎の仲介があったであろう。なお山本佐六は、知井宮山本本家(中和久里屋)当主権市の子新次郎が、分家(中富屋)山本佐六の養子となって分家当主を継承・襲名したものと考えられる。左一郎は同じ山本一族の儒学者閑休のもとで学び、江戸に修行に行く前は、新次郎とも対局している。
 ⑦25~27は安政3年の御城碁の棋譜。安政4年に帰省した秀策を通じて左一郎が入手したものだろう。  
 ⑧28~30は帰省中の秀策が今治出身の水谷縫次と対局した際のもの。
 ⑨31~37は秀策並びに義弟亀三郎が出雲・山本家で行った対佐六の指導碁の棋譜。⑩38はその後、玉造温泉で秀策が出雲東部から因幡の人々とおこなった指導碁の棋譜。  対局者田中冨一郎の子孫に伝えられたのが前述の『囲碁手談』で、対水谷縫次の棋譜と対田中冨一郎の棋譜は『囲碁手談』にも収録されている。
 ⑪39~41は安政4年の御城碁の棋譜。江戸に帰った秀策を通じて左一郎が入手した  ものであろう。翌年7月6日に左一郎は37才で死亡するが、それ以後の棋譜は含ま  れていない。

以上のように、この多聞院本は、岸本左一郎と深い関わりを以て編集されたものである。

出雲多聞院の棋譜(1)

出雲市知井宮多聞院から発見された棋譜の性格

 多聞院は、知井宮山本家の菩提寺である。ここから発見された秀策の棋譜についてはよく知られているが、以下のようにまとまった内容を持つ物であった。全部で41の棋譜からなるものを時代順に並べた。
 すべて同筆で書かれており、年月日の記載の仕方(同年、右同日、同所、同断)からして、一定の意図で棋譜を編集して作成された「棋譜集」とでもいうべきもの(あるいはそれを写したもの。以下では多聞院本と記す)。その意味では、鳥取市田中家で発見された『囲碁手談』と同じ性格のものである。
 多聞院本の編集者あるいは、棋譜の情報提供元は以下の理由で岸本左一郎と考えられる。
 ①1から4番は左一郎の師丈和に関するもの。1は丈和最後の御城碁の棋譜で、対局者俊哲は後の算哲。以後、名人碁所となった丈和は御城碁が免除された。4がいわゆる「天保の内訌」に関するもの。3は丈和の相手赤星因徹と師井上因碩の対局。
 ②5から11までは、左一郎が天保8年から天保11年にかけて江戸の本因坊丈和のもとで修行した際に記録・入手したものであろう。左一郎本人並びに本因坊門の土屋秀和(後の本因坊秀和)と伊藤松二郎(後の松和)のもの。10・11は修行を終えて帰国する途中京都に立ち寄った際のものであろう。
 ③12から15は天保13年の御城碁の棋譜。左一郎は天保14年冬には短期間上京しており、その際入手したものか。
 ④16は同門で同時(嘉永7年)に6段に昇段した鶴岡三郎助のもの。嘉永元年に左一郎は門人岩田右一郎を伴って上京した。前年10月に師丈和が死亡したことと、岩田を本因坊家で修行させるためであったと思われる。

2009年11月28日 (土)

石見国大田文(2)

  背景の庄園内部の開発の進展について、淡路国大田文をみると、庄領部分は定田・除田の区別なく惣田数を記すのに対し、公領部分は内訳を記している。井上氏が一国惣検を踏まえて作成されたと評価された若狭国大田文でもそれは同様である。承久3年(1221)の能登国惣田数注文は荘園・公領とも田数のみ記すが、公領は「検注田定」に基づき記すのに対し、荘園は立券の際の書類の数値を記している。これらをみれば、この当時は、公領の一国検注は行われても、荘園についてはその対象外であったことがわかり、井上氏の貞応元年に石見国で荘園を含む一国検注が行われたとの評価は成り立たない。
 本文をみる限り、不審の内容は、直前の「定田許」であったことであり、それゆえ翌年に定田だけでなく除田を含めて報告したと解釈できる。
(翻訳案)
 右のように件の荘園と公領の惣田数の大略を注進します。但し、公領分は建保6年検注田数により注進(し直)しました。(その文書とは)守護所の沙汰として先に進めた文書田数付です。貞応元年検注目録では定田のみ注進しましたが、御不審のため、このように注進し(直し)ました。
 定田とは惣田数から仏神田や人給(荘官等)、不作、河成などの除田(国衙の課税対象から除外する)を除いたものである。冒頭の石見国の惣田数「1476町300歩」の末尾にも「加仏神田」と記されている。
 本来、検注目録には、①惣田数と②除田数、さらには①から②を引いた③定田数が書かれている。「定田許」とは、貞応元年の検注目録そのものではありえず、貞応元年に大田文を作成する際に、検注目録から「定田許」ピックアップして報告したことを意味している。
 石見国大田文は、幕府側ではなく、国衙側の作成になるものであった。安貞2年(1228)6月4日の但馬国守護昌明請文によると、但馬国日置河内畠山林等に対する守の濫妨を進美寺が訴えたのに対し、この件については、憲法大使大膳民部大夫範重が下した際に、在庁官人等とともに評定し道理に任せて裁定していると反論している。この範重が石見国大田文にみえる人物と同一であろう。

石見国大田文(1)

貞応2年の石見国惣田数注文(以下では「大田文」)については、末尾の表現をうけて井上氏が新たな解釈を加えられた。それは以下のとおり。
(原文)
右、件庄公郷惣田数大略注進、但於公郷分者、以去建保六年検注田数注進之、為守護所之沙汰先進文書田数付也、貞応元年検注目六定田許所令注進也、為御不審、仍注進如件
(井上説)
 建保6年(1218)に幕府の命令を受けて作成された大田文に関し荘園部分の定田数に疑問が生じ、貞応2年3月(1223)に再度提出された。そのため、貞応元年に荘園に対する惣検注が行われた。背景には、急激な庄園内部の開発の進展があった。
 貞応2年3月の日付を持つ石見国大田文は、その記載内容・形式からいうと石井氏のいう(A)型に属するが、それはあくまでも建保6(ないし7)年に作成された大田文の欠を補うという特定の目的から生じた結果であってこの大田文もまた国役賦課・御家人役徴収の目的をもって作成された大田文の一つと考えることができる。
 そして、井上氏はこれを国衙ではなく、幕府の命令を受けて出されたもので、その背景は、急激な荘園内部の開発の進展があったとされた。

2009年11月23日 (月)

『活碁新評』の連載始まる(2)

 ようやく『新評』(伊豆の収集家から複写をいただく)をみると、誤植に相当する記載はない。連載では碁盤の右上を使い解説がされているが、原著では碁盤の左下の部分を使って解説がなされている。そのつもりで読んでいただきたい。
「第四局 黒先 十五十三 十六十五 十六十六 十五十六 十六十五ツク 十四十五
十五十四 十六十二」と連載の3図までの手順を記した上で、「評云 この打方も黒おもく十五十三てすぢにかなはず 十四十五とうつべし ぬるきに似たれともかへつてあぢはひあり」と記されている。
 秋山氏に提示された『新評』の解読文が間違っていたために、秋山氏の「いくらなんでも働きに乏しい。何かの間違いかもしれませんね」との言葉となったのであろう。ただ、左一郎からは「オイオイもっと確認して」との声が出よう。あるいは、『新評』には版がいくつかあるのであろうか。
 ともあれ、今回の連載は『新評』の評価をさらに高めるものであろう。

『活碁新評』の連載始まる(1)

 久しぶりに「岸本左一郎」「活碁新評」で検索したところ、静岡県の碁会所藤枝囲碁サロンのブログがヒットし、『週刊囲碁』で秋山次郎8段の解説で、「岸本左一郎に学ぶ 実践手筋の奥義 復刻 活碁新評」の連載が始まったことを知った。
 さっそく、駅のキヨスクで購入し、第2回連載をみた。もう一日早ければ、第1回連載の掲載号を購入できたのだが、入手は可能であろうから、まずまず。筆者は囲碁については、級位者でしかなく、宮本豊氏(故人、左一郎・秀策棋譜の入手でお世話になった)から、そんな場合は棋力は「秘密」と答えよと言われたことを思い出す。
 連載は、以前の長谷川章氏と同様、『活碁新評』掲載順になされており、第2回では『新評』の第3局と第4局が解説されている。ただ、その末尾に原著の第4局の解説に誤植があったのではという指摘があり、どれどれと『新評』を探すが、最初に見つかったのは長谷川氏著『筋と形(上)』(下は未入手)。そこには、秋山氏が正解とするものと同じものが記されているのみで、特に指摘はない。

2009年11月 8日 (日)

ブレディスローカップ

 久しぶりにHP(http://homepage3.nifty.com/koewokiku/)にブログの記事を追加した。ドリームウィーバーの使い方も忘れていたほどだった。ここのところ歴史関係以外の記事はHPの「ブログ」には転載していないが、一部はどこか適当な所に転載したい。
 昨日ようやく、国立競技場でのラグビー・ブレディスローカップ(ニュージーラン対オーストラリア戦)の放送があった。観客を気にしての措置であったろうが1週間は長すぎた。その中で、オールブラックス首脳陣3人が分担をそれぞれチェンジしたことに関連して、解説者村上氏が1984年当時のワラビーズの監督(ヘッドコーチ)はラグビー経験者ではなく、監督は全体をまとめる能力があればよいと言っていたことが印象的であった。
アシスタントコーチのスミスは元監督で、ワラビーズを率いるディーンズのクルセイダースの前任者であったが、成績に不満をもった協会が途中でミッチェルに交替させた。現役時代はバックス。もう一人のハンセンはヘッドコーチのヘンリーの補佐を務めてきた人物で、協会が彼をヘンリーの後任とする可能性が高いとみたディーンズがワラビーズのヘッドコーチとなったのは以前述べた。ハンセンはフォワード出身。
 今年のカップ4戦はオールブラックスの4連勝となったが、当初のワラビーズのスクラムの弱さは解消されており、両者の差は詰まっているのではないか。差は決定力であろうか。これまで決めごとで攻撃していたワラビーズにディーンズの自ら考える手法が浸透すれば、どうなるかわからない。
 ニュージーランドの指導者の第一人者は、①ハート②ヘンリー③スミス④ディーンズと変わってきたが、オールブラックスの監督は、ハートがしかるべき時期になれなかったため、②ヘンリーの時期に①が、次いで③とミッチェルが、そして④ディーンズの時期に②がなってきた。これが地元開催の2年後のワールドカップでどうでるだろうか。

このごろ世間にはやるもの(4)

 LL550は2003年始めに頃購入したXP機である。当然、NECにはME用ドライバーはない。チップセットであるradeonIGP320M(アスロン用)そのものがXP用で、インターネットで調べても、「MEで使用するには」との質問と回答(発売年のもの)が1件ヒットしたのみ。
 FDDを装備しているので、MEのインストールはできたが、ドライバーがない。特に問題なのは、表示で「VGA16色」では使い物にならない。ATIにもME用ドライバーはない(2000はあり)。前述の質問では、radeon全般用ドライバーで利用できたとあるが、「対応していない」と表示され、インストールも拒否される。このようなことをする人はほとんどないであろうが参考までに記すと、.結局「オメガ」ドライバーのME対応の最終版をインストールすると、「radeonIGP320M」と表示され使用できた。
 ただ、苦難は続き、一太郎11やMSオフィスのインストールが途中で止まってしまった。これも結果を記すと、携速7でHDDにCDをコピーした上でインストールできた。ただ、一太郎11と連携して使う花子はインストール98%で止まってしまい、断念した。ME対応は一太郎2005までだが、こちらは試していない。ソフトによってはCDから普通にインストールでき、懸案のピアノ練習ソフトのインストールも終わり、USB接続でMIDIキーボードに接続使用としたが、ドライバーは2000までで、ME用はなかった。以前は、PCのシリアルポートとキーボードのPCポートをつないでいたが、ケーブルも最近の整理の際に廃棄したようなので、USBタイプを購入した。最近のPCでシリアルポートを装備しているのはビジネス用のみなので、汎用として購入した。一方のソフトはXPで利用しているので、こちらでは問題なく使えたが、残念であった。そうしていると、なぜかインターネットができなり(IEの問題)二重の意味でこの一日が無駄となったとショックを受けた。そして思い直して、FDDなしでTUSL2-Mへインストールをなんとか行った。
 2日後、LL550を起動するが、やはりインターネットはできない。とりあえず、ファイアーフォックスの2を入れてみたら、何の問題もなく接続でき、IEの問題だとわかる。そこでIE6を削除したが、事態は変わらず、IEの使用は断念し、ファイアーフォックスの2を使用することとした。相変わらずヤフーの画面の「3.0以上でないとすべての機能は使えない」との表示は目障りであるが。
 ネットワークケーブルを探していると、廃棄したと思っていたシリアル用ケーブルが目に入ってきた。LL550が選ばれたのはシリアル・パラレル両ポートを装備しているからであったが、ドライバーを入れて試してみると使用できた。IEの問題があり、MEを削除し、XPのクリーンインストールを行おうとしていたが、当面はMEで使ってみることとした。
 以上、「時代遅れ」のはやらないものについて述べた。

このごろ世間にはやるもの(3)

  ME対応ドライバーのあるマザーボードも手元にほとんどなく、「TUSL2-M」を選んだ。このマシンにはマックのエミュレーターを入れており、その際に使用したマックのROMを取り出したFDがあるはずであるが、処分したのかみえない。このマシンは5インチベイ(ラトック製)でHDDの入れ替えをするようにしていたので、余っていた80GのHDDにMEをインストールすることにしたが、MEでは1ドライブ32G、フォーマットもFAT32までとの制約があり面倒。そのうえ、どうもマザーボードのFDD機能が故障しているようで、FDDやケーブルを換えてもらちがあかない。そこで、所有するノートパソコンでNT310S(USB2.0対応)に次いで古いラビィーLL5505D(USB1.1)にインストールすることにした(後述)。ところが、最初に述べたようにインターネットエクスプローラー6が起動しなくなってしまい、再び、TUSL2-Mでのインストールとなった。
 とりあえず、調べ直し、MEのCDの「WIN9x」とセットアップをHDDにコピーし、起動ディスク(LL550で作成)を使って別のアスロン用マザーボードで最小のインストールを行った上で、TUSL2-MにHDDを移して、CDを使ってインストールを継続する方法を採った。その上で最新のME用ドライバーを入れて、一応インストールは終了した。しかし、USB2.0を搭載しておらず、またPCIスロットに組み込んだアイオー2.0ボードは欠陥品で、USBメモリー程度ならよいが、USB接続のHDDをつないだりするとすぐに「電流オーバー」とねをあげる代物。ネットワークの装備していないので、USBの無線LANを利用するが、ルーターを新しいものに更新したためか接続できない。そこでこれも以前使っていたUSB接続のネットワーク(1.1用ながらTX100まで対応)でつないだが、驚くべきことに、TUSL2-Mに標準の1.1につないでも、2.0ボードにつないでも速度は変わらない。別のデュアルCPU(コアではない)の古いPCにも2.0ボードが組み込んであり、そこで計測すると、倍以上のスピードが出る。別の2.0ボードを2枚持っていたが最近部品を整理した際に廃棄したことを後悔したが後の祭り。USB接続のネットワーク機も最近のものは2.0対応なので、スピードが出ようが、そのためには欠陥ボードを買い換える必要がある。TUSL2-Mはセレロン1.4を搭載しているが、MEでの使用感はあまりきびきびしたところが感じられない。

このごろ世間にはやるもの(2)

 ここのところで、window2000とMEのインストールを行ったが、時代から取り残された印象を受けた。以前購入したピアノ練習ソフトを使うためであった。2種類持っており、一方は2000まで対応で、XPでも問題なく利用できたが、他方はMEまでで、XPで使用すると表示がおかしいので、ME用PCが必要となった。
 インターネット閲覧ソフトは、XP以前のOSに対応したものを探すのが困難で、あったとしても「この画面の機能をフルに使用するには‥‥」と新バージョンのインストールを促される。しかし、新バージョンは対応していないというジレンマに陥る。MEはインターネットエクスプローラー6までで、最新状態にしたが、なぜか不具合が生じ、アンインストールしても変わらないので、ファイアーフォックス2を利用。
 MEは起動デイスクが必要で、2000以降のCDブートやUSBブート(biosの問題)の便利さに気づかされる。XPは全部で10ライセンス(うちプロ版6)あるので、十分だが、OCRソフトや音声再生ソフトには、サポートが終了したものもあるので、2000やMEも必要なことがある。ATOKの過去の辞書(かんぺき君)を継承するにも、一足飛びに最新バージョンにいかず、途中のものに一旦コンバートする必要がある。それにしてもMEは不安定だ。すっかり忘れたが1Mの壁も存在したはず。リソースをよく確認し、できるだけ確保するためにconfigを工夫したり、ソフトごとに専用フロッピーで起動したことが懐かしい。
  VISTAは結局、ビジネス版の入ったPCを1台購入したのみで、それもXPで使用した。それでも次のバージョンが出た際にアップグレードに役に立つと思ったが、そうでもなさそう。windows7もRC版の期限がきたら導入する予定であったが、なぜか目の前にはファミリーパッケージがある。しかし、インストールするには情報の収集が必要なようで、開封もしていない。

このごろ世間にはやるもの(1)

 従来型インフルエンザの予防注射を受けた。新型については、優先順位に従って連絡するとのことで、一応予約はしておいたが、2回摂取で6000円と聞くと、ややたじろいでしまうのも確か。家族に医療従事者がおり、すでに摂取したが、それは1回でよいとのことで、どうなのだろうか(当然2回となると受けられる人は減る)。
 最近「エコ」の言葉をよく聞く。エコに対応した新しい機種への買い換えを進めるものであるが、以前のものを使い続けるものエコではないか。というのは、冷蔵庫が故障したが、修理(3度目で、5年ぶり)して使い続けることとした。10年前のものであるが、当時としては最も消費電力が少ないものを選んだ。現在のものと比べても遜色がないのである。問題はあと何年使えるかであるが、これはわからない。
 同様のことはPCにも当てはまる。PCの消費電力は、必ずしも新機種が低いわけではない。当然様々進歩はしているが、液晶が必要以上に明るくなったり、CPUの性能がアップしたために相殺している。ノートパソコンに搭載されている標準的CPUはデュアルなら35W、シングルなら25W程度で、これは10年前も同じであった。それがインテルの方針で、クロックアップ至上主義がとられ、デスクトップ用CPUを搭載したノートもあらわれたが、(実際に使ったことはないが)それらはトラブルが多かったようである。
 別の箇所でも書いたが、アスロンXPの登場以降はデスクトップでも、ノート用CPUを利用してきた。モバイル用は25Wであった。ただ、45WのモバイルアスロンXP(OCで使用するのが一般的)はクーラーも大きかった。
 インテルもペンティアムⅢまではデスクトップ用の消費電力も低かった。それは標準装備のクーラーをみてもわかる。それがⅣからおかしくなった。ノート用でも最低35Wで、最大は70Wあるいはそれ以上か。これに対して省電力のトランスメタ・クルーソーの登場を受け、インテルもペンティアムMの開発を行った。Mの消費電力は21Wと低く、デスクトップでOCをしてもほとんど変わらなかった。今はトランスメタのことを聞くことはほとんどないが、その功績は大であった。クルーソー搭載機はIIYAMAのNT310Sを持っているが、とりあえずXPを2000に入れ替えてなお健在である。台湾メーカーによるOEMだかキーボードは打ちやすい。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ