koewokiku(HPへ)

« 小さな政府と大きな政府 | トップページ | 高速道路無料化と社会デザイン »

2009年9月 6日 (日)

高速道路無料化

 民主党政権が成立間近となる中、子ども手当とともに話題になることが多いのが高速道路無料化である。マスコミを賑わす議論の多くは、無料化への疑問であるが、高速道路会社の経営者から一般の人を含めて、失礼ながら「ワンパターン」であると感じる。
 どういうことかというと、疑問をもつのはよいが、それについて調べて議論を深めるということがなく、毎度毎度同じ入り口の議論に終始しているのである。特に高速道路会社のトップに対しては、それでは「専門家失格だ」と思ってしまう。そんなに高速道路無料化に問題があるならば、欧米などで行うわけがないのであり、それを知った上で、あるいは紹介した上で議論をしていくことが必要である。当然、どのような政策にもプラスとマイナスがあり、それを列挙した上で、自分は(専門家なら日本全体にとってよいので)こちらを選ぶと主張すべきである。麻生首相の場合は、それならなぜ2年間限定で土日1000円にしたかをきちんと説明する必要がある。
 この問題についてほとんど何も知らなかったので、民主党が公約とする以前から高速道路無料化を主張してきた人のHPをみたが、すべてが民主党と一致するわけではなく、道路特定財源を廃止するという民主党の主張には反対していた。フェリーや新幹線など他の交通機関との競合を指摘する意見もあったが、税金をかけて高速道路が整備されたなら、それが利用され、他の交通機関の利用者が減るのは当然である。そうでなければ建設は不必要だったことになる。交通機関の棲み分けを考えながら、移行措置をとってフェリー・鉄道会社が段階的に縮小し、他の業界・分野へ進出するとともに、高速道路ではカバーできない分野は担う必要がある。小規模のフェリーの場合、公的助成が必要なのは当然である。それは会社と従業員のためでもあるが、何よりそれ以外に利用できる手段を持たない人々のためである。税金を収入とし、それを適切に支出するのは政府や自治体の仕事である。
 以前、松江市内にも「有料道路」があった。それまでの国道9号線に代わって宍道湖岸を埋め立ててそこに新たな道路がつけられたが、しばらくは有料であった。また、大橋・新大橋に続いて第3大橋として宍道湖大橋が開通したが、ここもしばらくは有料で、建設費を償還した段階で無料となった。高速道路も本来は無料が原則であるが、戦後まもない時期の日本では予算がないとして、借金の形で建設し、償還するまで一時的に有料とした。それが田中角栄首相の時に、さらに道路建設を促進するため、高速道路収入の一部を新規道路建設にあてることとして今に至っているという。「高速道路無料化」は本来の姿に戻すことであり、あとは現状からの移行措置を矛盾やマイナスのより少ない形で具体化することについて議論すべきである。

« 小さな政府と大きな政府 | トップページ | 高速道路無料化と社会デザイン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路無料化:

« 小さな政府と大きな政府 | トップページ | 高速道路無料化と社会デザイン »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ