koewokiku(HPへ)

« All Blacksのヘッドコーチ(1) | トップページ | All Blacksのヘッドコーチ(3) »

2008年10月26日 (日)

All Blacksのヘッドコーチ(2)

 ワイリー監督で第2回ワールドカップに臨んだが、ワイリー氏もオークランド勢中心の中、思いきった若手の起用ができず、第1回のメンバー中心で、準決勝でオーストラリアに敗れた。第3回大会へ向けた監督選考でもハートは再び敗れ、メインズ監督で大会に臨んだが、アパルトヘイト廃止により国際社会に復帰した開催国南アフリカに決勝で惜敗した。
 ニュージランド協会は3度目の正直として、第4回大会の監督にハートを指名した。8年遅れの監督就任は、当時オークランドを率いてNo1の指導者であったヘンリーを、ウェールズ監督へと追いやった(当時は外国チームの監督をすると、AB監督の途は閉ざされた)。ハートはバックスコーチ出身でもあり、大きさよりもスピードを重視した選手選考をし、今度こそと思わせ、南ア・オーストラリアとのトライネーションでも連勝していたが、最終のオーストラリア戦でまさかの敗北を喫し、不安を残して大会に臨んだ。
 そして準決勝のフランス戦である。半年前には遠征してきたフランス代表に大勝していたこともあり、ハートは試合の前に決勝に向けた練習スケジュールを発表した。そして結果は、守備が破綻し、まさかの敗退となった。

« All Blacksのヘッドコーチ(1) | トップページ | All Blacksのヘッドコーチ(3) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: All Blacksのヘッドコーチ(2):

« All Blacksのヘッドコーチ(1) | トップページ | All Blacksのヘッドコーチ(3) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ