koewokiku(HPへ)

長崎氏について4

 次いでみえるのは弘安二年に比定される一〇月二日日蓮書状にみえる「長崎次郎兵衞尉...

» 続きを読む

長崎氏について3

 長崎氏の初見史料は弘長元年四月二五日の幕府小笠懸で、武田五朗三郎が的を造進し、...

» 続きを読む

長崎氏について2

 話を「泰綱」に戻すと、その関係史料が残っているのは嘉禎~宝治年間である。「大蔵...

» 続きを読む

長崎氏について1

 長崎氏に関する細川重男氏(日本歴史と古文書研究)と森幸夫氏(吾妻鏡人名総覧)の...

» 続きを読む

楠木氏と長崎氏2

 昨日まで知らなかったが、毛利元就は兵書を筆写するなど兵法に強い関心を持っていた...

» 続きを読む

楠木氏と長崎氏1

 後醍醐天皇に協力して鎌倉幕府の滅亡に尽力した楠木正成と幕府最後の得宗北条高時の...

» 続きを読む

毛利氏と長崎氏4

 話が本論にいかないが、観応元年六月二日に幕府方国人が守護武田氏とともに吉田庄に...

» 続きを読む

毛利氏と長崎氏3

 時親の祖父毛利季光は長井時広に先んじて幕府評定衆となり、延応元年には泰時の孫で...

» 続きを読む

毛利氏と長崎氏2

 得宗領として知られる摂津国多田院に関しては、嘉禎三年四月一日の大蔵丞泰綱書状が...

» 続きを読む

毛利氏と長崎氏1

 毛利時親の室は長崎泰綱女子である。長崎氏は文暦元年(一二三四)に尾藤景綱が所労...

» 続きを読む

«中世前期の毛利氏3

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ